「元祖 ふりかけ」 御飯の友

ふりかけのルーツが熊本にあることをご存じでしょうか?

大正時代の初期、熊本の薬剤師吉丸末吉が、カルシウムを補うため、魚の骨を粉にして御飯にかけて食べるという、まったく単純な発想にたどりつき「御飯の友」を開発しました。

 その後、1934年(昭和9年)に「御飯の友」の製造販売を二葉商事(現在の株式会社フタバ)が引き継いで現在に至ります。

業界団体「全国ふりかけ協会」がふりかけのルーツとして公認している商品であり、主原料がいりこであるところが一般のふりかけと異なっています。 

ふりかけ「御飯の友」のホームページへ